セリエAで日本人に最も注目されているチームトップ6はこちら

セリエA

現地で観戦したい! 実際に売れている人気チームトップ6を選出!

2015-2016シーズンにセリエAチケットを2,000枚の取り扱い実績のあるワールドスポーツコミュニティが「イタリアまで観に行きたい!」とお客様が熱望されたチームを実際の取引枚数からご紹介します。新婚旅行(ハネムーン)、学生旅行(卒業旅行・短期留学)、海外出張、観光旅行、さまざまなシーンでセリエAが観戦が旅の思い出となっています。

6位 フィオレンティーナ:100枚(年間)

イタリアフィレンツェ地区を本拠地とする「フィオレンティーナ」通称ヴィオラ。本拠地はスタディオ・アルテミオ・フランキ。現在までにリーグ戦、コッパ・イタリア、カップウィナーズカップなどで優勝するなど強豪クラブの一つとして君臨する。2004年に中田英寿選手を獲得するなど日本でも人気のあるクラブだ。スイスのFCバーゼルからパウロ・ソウザが新しく監督として迎えられ巻き返しを図る。クラブ公認のヴィオラクラブ・ジャパンがあることからも、日本での人気が高くフィオレンティーナ戦を希望するお客様はチーム愛が強く、熱狂的なフィオレンティーナファンが多い傾向がある。

■スタジアム:スタディオ・アルテミオ・フランキ
■監督:パウロ・ソウザ
■注目選手:ボルハ・バレロ
■レジェント選手:ガブリエル・バティストゥータ
■観光地:ピサの斜塔 フィオレンティーナ・チケット購入ページへ

5位 ラツッイオ:150枚(年間)

イタリアのローマを本拠地とする「SSラツィオ」通称ビアンコチェレスティ。
本拠地スタジアムはスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ。同じスタジアムを本拠地とするASローマとは、ローマ・ダービーとして盛り上がりを見せる。1958年シーズンにコッパ・イタリアを制し、2012-13年シーズンには、決勝でローマダービーを制し優勝した。また、イタリアでは初めてクラブとして株式を上場させたことも有名である。SSラツィオ戦の観戦希望のお客様はローマの観光に合わせてご観戦されるお客様が多い。ハネムーナーや学生旅行のお客様に人気のクラブである。

■スタジアム:スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
■監督:シモーネ・インザーギ
■注目選手:ミロスラフ・クローゼ
■レジェント選手:ロベルト・ディ・マッテオ
■観光地:トレビの泉 SSラツィオ・チケット購入ページへ

4位 ユベントス:250枚(年間)

イタリアのトリノ地区を本拠地とする「ユベントス」通称ユーべ。本拠地は、ユヴェントス・スタジアム。セリエAのビッグ3の一つで、最も成功したクラブの一つと称されている。リーグ優勝はセリエA最多の32回、1996年から3年連続でUEFAチャンピオンズリーグの決勝へ進出した。2006年スキャンダルのペナルティまで1929年にセリエAが開幕して以来一度もセリエBへ降格したことがなかった。現在も、セリエAの5連覇中である。ユベントスを観戦のお客様は、熱狂的なユヴェンティーノから、観光の合間に観戦されるお客様まで幅広くなっている。

■スタジアム:ユヴェントス・スタジアム
■監督: マッシミリアーノ・アッレグリ
■注目選手:パウロ・ディバラ
■レジェント選手:アレッサンドロ・デル・ピエロ
■観光地:カステロ広場 ユベントス・チケット購入ページへ

3位インテル:300枚(年間)

イタリアのミラノを本拠地とする「インテル」通称ネラッズーロ。本拠地はサン・シーロの名で愛されているスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。セリエAのリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリアーナを5回制している名門クラブ。UEFAチャンピオンズリーグはこれまでに3回優勝している。ユベントスとの対戦はイタリアダービーと呼ばれ、ACミランとの対戦はミラノダービーと呼ばれている。どちらのダービーもホームタウンを巻き込んでの盛り上がりが必至だ。日本代表の長友佑都選手が所属する事もあり、長友佑都選手目当ての観戦が目立つ。

■スタジアム:スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
■監督:フランク・デ・ブール
■注目選手:長友佑都
■レジェント選手:ハビエル・サネッティ
■観光地:スカラ座 インテル・チケット購入ページへ

2位 ACミラン:350枚(年間)

イタリアのミラノを本拠地としてる「ACミラン」通称ロッソ・ネロ、本拠地はサンシーロスタジアム。リーグ優勝18回、チャンピオンズリーグ優勝3回、ヨーロッパリーグ優勝3回。1990年代はACミラン黄金期と呼ばれ数々の栄光を手に入れる。本田圭佑が2014年1月からミランでプレーすることになると、爆発的に日本人観戦者が増える。背番号10を背負った日本人選手はファンの期待に応えるためにも最大限のプレーをしている。2016-2017 シーズンになると出場機会に恵まれず厳しい状態は続いているが、それでも日本人ファンは本田圭佑を応援にしに観戦に行きます。

■スタジアム:サンシーロ・スタジアム
■監督:ヴィンチェンツォ・モンテッラ
■注目選手:本田圭佑
■レジェント選手:クラレンス・セードルフ
■観光地:ドゥオーモ ACミラン・チケット購入ページへ

1位 ASローマ:400枚(年間)

イタリアのローマを本拠地としてる「ASローマ」通称ジャッロ・ロッソ、本拠地はスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ。リーグ優勝3回。2000-2001 シーズンでは当時日本代表の中田英寿がスクデット(優勝)を獲得を経験した。ラツィオとの直接対決はデルビー・デッラ・カピターレ(ローマダービー)と言われ、イタリア国内でも注目される試合である。世界的に有名なトッティがローマの象徴であるが、日本人でも馴染みがある選手は多くはいない。しかしながら、ローマという地域は旅行先としてかなりの人気エリアで、新婚旅行、卒業旅行(学生旅行)での行き先として人気である為、そのついてでに観戦というケースが多い。

■スタジアム:スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマ
■監督:ルチアーノ・スパレッティ
■注目選手:ケヴィン・ストロートマン
■レジェント選手:フランチェスコ・トッティ
■観光地:コロッセオ ASローマ 購入ページへ

どんな人がセリエAのチケットを購入しているのか?

◎男性・女性 比率

◎男性・女性 比率

◎目的別

◎目的別

やはり男女2名 ※ハネムーナー(新婚旅行)でセリエA観戦の割合が多いです。観光地が多いイタリアは新婚旅行目的の旅行先として大人気です。「セリエA観戦」目当ての新婚旅行者が目立ちます。

ハネムーナーの割合も高いが、学生の割合も高い。特に卒業旅行では好きなことをしたい、社会人になる前の時間があるときに思い出を作りたいという学生がセリエA観戦を希望するケースが目立つ。

セリエATOPページへ

World Sports Community Staffスポーツコンシェルジュ

セリエAの観戦はワールドスポーツコミュニティの専門のスポーツコンシェルジュがしっかりサポートします!
お気軽にフリーダイヤル(0120-864-364:平日10-22時/土・祝10-19時受付)または下記お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

人気チーム情報

▶ASローマ
▶ACミラン
▶ユベントス
▶インテル
▶SSラツィオ
▶フィオレンティーナ

▶セリエATOPへ

TOP

MENU