2018 F1グランプリカレンダー&観戦のポイント

F1グランプリ


F1はルールが複雑で「マニアだけが楽しむもの」と思われがちだ。

しかしそんなことはない。

今までF1を観たことがなかった方でも、今回紹介する観るべきポイントを押さえるだけですぐにF1を楽しむことができるのだ。
今度見る際はぜひこのポイント意識して観て楽しんで欲しい。
では早速F1観戦のポイントを紹介したい。

F1観戦の見どころ

F1観戦の見るべきポイントは4つある。

● 予選のポールポジション争い
● 決勝レースのスタート直後の第1コーナー
● オーバーテイク
● ピットストップ

この4つを押さえておくだけで、より観戦を楽しむことができるだろう。では順を追って紹介する。

F1観戦の見どころ① 予選のポールポジション争い

土曜日の予選はレースの行方を左右するスタート位置が決定する。
Q1~Q3の3回に分けて行われるタイムアタック。最初の18分間(Q1)、次の15分間(Q2)で上位10台までが残り、最後の12分間(Q3)で残った10台が激しいポールポジション争いを繰り広げる。
全車が走るQ1では、どのタイミングで走るかが重要。特にモナコGPやシンガポールGPのような市街地コースでは、追い抜きが難しいためタイムロスをしやすい。タイムアタック中、タイヤを温めながら走っているマシンに引っかかり、トップチームのドライバーがQ3まで行かず敗退ということも。
どのタイミングでアタックさせるか、エンジニア達の腕の見せ所にもなっている。
応援しているドライバーがQ3まで残れるのか、ポールポジションは誰が取るのか見逃せない!

F1観戦の見どころ② 決勝のスタート直後の第1コーナー

全車がスタートして全開で1コーナーへ飛び込む姿はドキドキする。
ブレーキング勝負となる1コーナーは、ドライバーの腕が試されるところだ。マシンが一斉に1コーナーへ飛び込むので、接触などが起きやすく波乱のスタートになる事もある。

F1観戦の見どころ③ オーバーテイク

前のマシンを追い抜くオーバーテイク。
特にコーナーで2台のマシンが左右に並んだときは見物だ。少しのミスで、相手にぶつかりクラッシュしてしまうというギリギリの状態。見ている側も緊張してしまうほど。
また最近ではDRSの採用でよりレース中のオーバーテイクシーンが多く見られるようになった。DRSを作動させることでリアウイングがパカッっと開き、空気抵抗が減りスピードが速くなるのだ。
レース中のオーバーテイクシーンを向上させる目的で、2011年から使用が認められている。メインストレートが目の前に見えるグランドスタンドに座ると、リアウィングが開いているのを確認しやすい。運が良ければ華麗なオーバーテイクを見る事ができるかもしれない。

F1観戦の見どころ④ ピットストップ

レース結果を分けるとも言われるピットストップ。
タイヤ交換がメインだが、ウイングの微調整、壊れたパーツの交換などもする。20名以上のスタッフがマシンを囲み、全てのタイヤを3秒以内に交換してしまうのだ。
どのチームも驚異的なスピードのため、ちょっとしたミスで順位が大きく入れ替わることも簡単に起こり得る。コースはドライバー同士の戦いだが、ピットストップはチームスタッフの戦いでもある。
また、不安定な天候のときのタイヤ選択も見所である。先の展開を見越してあえて雨用のタイヤをしなかったりと、各チーム・ドライバーの戦略が異なる。
たった3秒のピットストップだが、その後のレース展開が大きく変わってしまう事もあるほど大切な作業。ぜひ注目してほしい。

まとめ

今回F1観戦の見るべきポイントを紹介した。
そこで大切なことは以下の4つだった。

● 予選のポールポジション争い
● 決勝レースのスタート直後の第1コーナー
● オーバーテイク
● ピットストップ

今度からこの4つを意識して見ればより一層F1を楽しむことができるだろう。

またサーキットでみると、テレビでは得られない「スタート前の緊張感」「マシンの迫力」「ファンの歓声」「ドライバーの気迫」「チームの団結感」を感じられる。
その現地でしか味わえない「感動」を味わいにきてほしい。

【2018シーズンF1大会スケジュール】 ※2017年6月19日発表版

第1戦:3月25日 オーストラリアGP(メルボルン)
第2戦:4月8日 中国GP(上海)※
第3戦:4月15日 バーレーンGP(サクヒール)※
第4戦:4月29日 アゼルバイジャンGP(バクー)
第5戦:5月13日 スペインGP(バルセロナ)
第6戦:5月27日 モナコGP(モンテカルロ)
第7戦:6月10日 カナダGP(モントリオール)
第8戦:6月24日 フランスGP(ル・キャステレ)
第9戦:7月1日 オーストリアGP(シュピールベルク)
第10戦:7月8日 イギリスGP(シルバーストン)
第11戦:7月22日 ドイツGP(ホッケンハイム)
第12戦:7月29日 ハンガリーGP(ブダペスト)
第13戦:8月26日 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
第14戦:9月2日 イタリアGP(モンツァ)
第15戦:9月16日 シンガポールGP(シンガポール)
第16戦:9月30日 ロシアGP(ソチ)
第17戦:10月7日 日本GP(鈴鹿)
第18戦:10月21日 アメリカGP(オースティン)
第19戦:10月28日 メキシコGP(メキシコシティ)
第20戦:11月11日 ブラジルGP(サンパウロ)
第21戦:11月25日 アブダビGP(ヤス・マリーナ)

※日程変更の可能性があります

< 世界陸上2017【2017年8月4日-13日】

クリック

TOP

MENU